スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ガラスは割れます

あけましておめでとうございます♪
もう10日も経ってる?あらまあw気のせいではないです

1年半愛用してきたティーポットを割っちゃいました
落としたとか洗ってる最中に割るっていうのはよく聞くお話です

ところがどっこい!
今回はやらかしましたよ
机の上においてあったこいつを
永昌源 茘枝酒 (らいちちゅう) 500ML 1本永昌源 茘枝酒 (らいちちゅう) 500ML 1本
()
永昌源

商品詳細を見る

こたつで寝落ちて起きた拍子に倒してしまい,その倒れた先にあったティーポットの注ぎ口に直撃
一撃必殺でしたね…(;・∀・)

机の上は綺麗にしておこう,という戒めのような,なんというか
おマヌケな年明けでした
スポンサーサイト

ルピシア紅茶 いしやきいも 追記

いしやきいもを作るのに必要な香料が仕入れられなかったらしく
今年はいしやきいも作らないんだそうです
ルピシアでのいちばんのお気に入りだったので残念

来年に期待しましょうか!(`・ω・´)

研究室持ち込み物資(TWININGS CLASSICS COLLECTION)

研究室に持ち込むにはリーフから淹れるには条件が悪すぎる…
ということでティーバッグを買ってきたわけなんですがかつて買ってきたセイロンガーデンは味がなんともびみょー
以前の記事参照
なので今回セイロンガーデンのものに比べておねだん上がっちゃいますがトワイニングのクラシックセレクションを買い足すことに

日本ではスーパーマーケットなどで簡単に見つけることができるのはこちらです
トワイニング ティーバッグザ・ベストファイブ 20P×4個トワイニング ティーバッグザ・ベストファイブ 20P×4個
()
トワイニング

商品詳細を見る

中身はアールグレイ,レディグレイ,プリンス・オブ・ウェールズ,オレンジペコー,ダージリン
日本人はダージリン好きですものね,外せないね

これは私が普段人に紅茶を布教するときにプレゼントしてるものですね
まず間違いがないのでプレゼントにあんがいいいと想うのです

さてこちらが今回買ってきたクラシックセレクションですが,基本的には英国国内向けの輸入品です
なのでアールグレイ,レディグレイ,プリンス・オブ・ウェールズは同じですが
イングリッシュブレックファーストとトラディショナルアフタヌーンティーが加えられています
ダージリンよりも何よりも彼らの日常茶はブレックファーストですね
午後の紅茶も欠かせないですものね

Twiningsザ・ベスト5
トワイニング紅茶 セレクションティートワイニング紅茶 セレクションティー
()
トワイニング

商品詳細を見る


日本ではあまり一般的ではないですがイングリッシュブレックファーストはちょっと濃い目でミルクによく合いそうです
ストレートでも渋すぎずに飲みやすい
そういった意味ではザ・日常茶
レモンは…微妙な予感がします

トラディショナルアフタヌーンティーは独特の味です
なんというか‥スパイシーな味がします
紅茶と思って飲むとちょっとびっくりします
ごくごく飲める味ではない気がしますね
もちろんまずいというわけではないのですが好き嫌いがわかれる味
評価が難しい紅茶に久々に出会いました
ただ他ではなかなか出会えなさそうなものなのでお試しに買ってみるのはどうでしょう?

追加ー
研究室の人に飲ませてみたら”お風呂の匂い”との感想をいただきまして
その気持ちで飲んだら完全に薬湯を飲んでる気分になりますw
正直にいうなら知りたくない情報だった(;・∀・)

余談:ティーポット編

ティーポットもいろいろな形状のものがあります
真球に近いいわゆるジャンピングポット
円柱形のフレンチプレス
急須
などなど

こったお方ならばジャンピングポットで入れてティーセットのティーポットに茶葉を取り除いて淹れて
ってするのかと思います
私はジャンピングポットで淹れてそのまま飲みますけどね
フレンチプレスであるとか,保温機能付きのティーポット,茶こしが内蔵してあるモノ
急須みたいなイメージのやつです
それらの場合気張って茶葉で淹れてってするのはあまり意味合いがあるとは思えません
茶葉で入れるにしても気軽に入れる感じのものになると思います
ジャンピングができないのですから多少の犠牲でしょう
その代わりに整備性はとってもいいですよね
茶こしをひょいと外して中身捨ててやればもう次にいけます
ジャンピングポットなどで茶葉を捨てるのって以外に手間なんです
それをなくせると思ったら悪くないなっておもうのですが

話がそれました
要はフレンチプレスなではいい茶葉で良いお茶を!
って息巻くよりもティーバッグや日常茶をカジュアルチックに
愉しむ方向性にしたほうが幸せな気分になれると思うのです
人それぞれの考えがあるだろうと思うので強くは言えないことではありますけども

どうか極上の味を求めるのではなく楽しんで飲める紅茶を
幸せな気分になれる紅茶の飲み方を求めてほしいと
願って紅茶に興味を持ち始めた研究室の同僚をみて想うのでした

ルピシア紅茶 キャロル

ルピシアの季節限定商品で本来はクリスマスシーズンの限定商品です

まず体感できるのはなんといっても芳醇なストロベリーのフレーバー
味は軽やかでほのかに甘い雰囲気のある暖かな紅茶です

フレーバーティーなので苦手な方は要注意
仄かな甘味と雰囲気を愉しむために先ずはストレート
味の濃い紅茶ではないのでミルクティー向けというわけではないのですが
仄かな甘味とストロベリーフレーバーが手伝って
美味しいミルクティーになるかと思います

クリスマスシーズンのものですがなんとなくケーキに合わせる紅茶ではない気がします
どちらかと言うと久々に集まった家族が団欒するときのような
明るい雰囲気にぴったりなんじゃないかなって思います

私は一人で春先の寒い日に飲んでますけどね;)
プロフィール

いぶき

Author:いぶき
謎の生態、謎の趣味の気分屋さん。
燃料は紅茶です
紅茶があれば一日睡眠時間90分でも生き抜いてみせます。

質問・これのまんかい・あれやらんかいなど
何かありましたらコメントへ

最新記事
リンク
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。